上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Mと付き合い始めた頃、
彼から借金があるという事を打ち明けられた。
確か、この時で300万ぐらいだっただろうか?
今までローンすら組んだ事がなかった私は、
円ショップという意味。
ほのぼの●●クのCMすら何のCMなのかさえ分からなかった。

Mに何百万という借金があろうが
借金という重みを知らなかった私には全く関係ない事だった。

彼の事は愛していたが
私の中には、常に

母の様な生き方はしたくない。
男に頼って生活の術をゆだねる生活だけはしたくない。

という気持ちが強くあった。

どんなに自分に優しくしてくれる男性でも
心から信じる事が出来なかった。
常に私の中には、父が存在し
こんなに優しい彼もいつか父の様になるのではないか?
という気持ちが彼の事を好きになればなる程、
私の中で大きくなっていった。

彼の事を信じ受け入れた時に
いつか父の様に彼がなってしまえば
私は自分の居場所がなくなる様な気がしてなからなった。

母の様な人生は送りたくない。
私は、いつか彼を失ってしまっても自分の居場所だけは
失う事がないように
自分で店の経営をする為に、無我夢中で働いた。

当時、私は
朝の7:00~12:00まで自給700円のクリーニング屋で働き、
夜は、7:00~2時までラウンジで働いた。
店の人達の付き合いで朝方になる事もあったが、
睡眠時間を削ってでも私は、働き続けた。

忙しければ忙しい程、充実間にさいなまれた。
完全に自分に酔っていた。

だが、こんな生活長く続くわけがない。
ある日、夜中に今までに経験した事がない様な
腹痛で目が覚め意識を失いそうになり救急車で病院へ運ばれた。

紹介状を貰い病院を紹介されたが検診も受ける事無く
その日も6:30に家を出てクリーニング店の店を開けた。
それからも水商売・クリーニング店と
2つの仕事を掛け持ちし働き続けたが
結局、体が持たずクリーニング店はやめてしまった。


男を見る目がないのは母譲りなのか、
いや、私がそれだけの女でしかないのだろう。

この男との出会いをきっかけに
私は多額の借金を抱える事になった。

スポンサーサイト
08/01|【借金】 1~5 ||TOP↑
ご訪問ありがとうございます♪

アクセス解析
FC2 Blog Ranking

プロフィール

moon

  • Author:moon
  • 金なし。知恵なし。知識なし。
    あるのは多額の借金だけ。
    そんな救いようのない女
    ☆moonの借金返済日記です(*´ー゜)☆
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム
♡ 借金返済ランキング ♡

ランキング参加者☆募集中    (*´▽`*) ヾ

ブログ(blog)ならFC2

♡♡ mail ♡♡

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。