上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
仕事をしないヒモ男。
全てを抱え、ひたすら私は働きました。
人生の中で1番頑張っていたと言い切れるぐらい本当に頑張った。

全てを抱えた分、利益を得る為に仕事に没頭した。
頑張ろうとすればする程、
仕事もせず遊びほうけて自由気ままに過ごす彼。
店に立つ私にはすれ違いが生じた。



1日店にいる私。
店を閉め家に戻っても商品管理の事なので忙しくしているのに
何も背負う物がなく自由気ままに過ごす彼。
そんな彼が側にいると仕事に全く集中できないので
店にいる時間が長くなる。

次第に彼は、こんな状況に逆切れし
異常な程、やきもちにやくようになりはじめた。
私が店に行く準備をすると彼の機嫌は最高に悪くなった。

私が嫌がる事を分かっていながら
くだらない事を愚痴愚痴・・・
家を出て玄関のドアを閉めるまで言われ続けた。

私は今から仕事に行くのだ。
せめて家を出る時位気持ちよく送り出して欲しい。

何百回、彼に言っただろうか?

彼は、そんな私の気持ちを受け入れてくれるどころか
何だかんだと理由をつけ不平不満を言い、
私が仕事に行かないように言った。

私は一体、誰の為にこんなに働いているのだろうか?
仕事をしないで気ままに過ごす彼。
月末になると全ての支払いが私が待っているのである。
遊んでいる暇なんか私にはない。

ある夜、商品の仕入れの事で業者さんと会う事になった。
家を出る準備をしマンションの下にタクシーを待たせていた。
私が家を出る準備をしていると、
いつもの様に彼のやきもちが始まった。

時間がないというのにネチネチした女の様に
仕事に行くな。行くな。と引止め始めた。

私だって彼と一緒に居たい。

でも、私には仕事がある。

行かないわけにはいかない。

何度言っても全然、分かってくれず、
家を出るまで引き止められ
終いには怒鳴られた。

毎日、こうだった。
もう、疲れた。

マンションを出てタクシーが待つ
もう1つの入り口まで歩いて行く間。

彼との事で頭がいっぱいいっぱいの状況で
自分がどこにいるのかさえ分からないぐらいの憂鬱な気持ちだった。
涙がボロボロこぼれてきた。

本当に疲れたいたんだろう。
放心状態で歩いていると1階の住人が外に置いてある竿竹の角に
頭を思いっきりぶつけた。
しかも、この竿竹の端は錆びて腐っていた。

そこに思いっきり額をぶつけた私は
一体何が起こったのかさえ分からない程、痛かった。
声にならない程の痛み。
声もでない程の痛みと衝撃だった。

ようやく頭を竿竹の端にぶつけた事に気が付いた。
あまりの痛さに額を手で覆っていたのだが
手の平を見ると手のひらには血が付いていた。

額が切れていた。
縫うほどの傷ではなかったのだが
未だに、この傷口は皮膚がへこんでいて残っていて消えない。

彼のやくもちは日を追う事にひどくなる一方だった。
最初の頃は、そんな彼の事も振り切っていたのだが
彼のしつこく、くどいのを相手にする事が
精神的にもたなくなってきてしまった私は、
そんな彼に振り回され続け
次第に店を閉める日が次第に出てくるようになった。



スポンサーサイト
07/01|【借金】  6~10||TOP↑
ご訪問ありがとうございます♪

アクセス解析
FC2 Blog Ranking

プロフィール

moon

  • Author:moon
  • 金なし。知恵なし。知識なし。
    あるのは多額の借金だけ。
    そんな救いようのない女
    ☆moonの借金返済日記です(*´ー゜)☆
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム
♡ 借金返済ランキング ♡

ランキング参加者☆募集中    (*´▽`*) ヾ

ブログ(blog)ならFC2

♡♡ mail ♡♡

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。