上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
そんな中、Sという男と出会った。
彼は、全身刺青を入れていて背中には鯉が彫ってあった。
肉体関係はあったが
お互い好きでもなく、必要な存在でもなく
彼にとっても私にとっても
ただ同じ場所で過ごしていた中の1人でしかなかった。







Sは2人兄弟で妹がいた。
妹には、婚約者がいて結婚の話を進んでいた。
彼が、この世界に入っている事を相手の家族のばれてはいけない。
と隠していた様だが運悪くSは、ある事で逮捕されてしまう。
その事件がばれ妹の結婚は破談になってしまった。


Sは、事あるごとにこの事を口し
【妹の為に立ち直らなければいけない。】と言っていた。

しかしSは、毎回、薬に手を出す度に
【妹の為に立ち直らなければいけない。
今日が最後。 これが最後だ。
もうやめなければいけない。今日を最後にしよう。】と
自分に言い聞かせるかのように
この言葉を口にし薬に手を出した。

初めは可哀相に、、、と思っていた私だったが
彼が薬に手を出す度に、その事を口にしている姿を
何度も目にする様になり
未来の自分を見ている様な気持ちになり恐ろしくなってきた。

Sは、本当に薬と縁を断ち切りたいと思っていたと思うし
Sが口にしていた
【今日が最後だ。これで最後にしよう。】
という言葉も本心だった思う。

妹を結婚を破談にしてしまったのは自分だ。と自分を責め
絶ちたいという気持ちがあるのに
それでも断ち切る事が出来ないSの姿は心底哀れであり
未来の自分の姿を見ている気がしてならなかった。

Sは、私にとって反面教師だった。

S達から誘いがあったら私はきっと断れない。
皆がする中、自分だけやらない。
なんて断る勇気がなかった。

仲間なのに自分だけしない。
それは裏切りでもある。
【こいつ警察にチクルじゃないか?】
疑いの眼差しを受ける中
私とは全く関係ないところで密告でもされてしまえば
真っ先に疑われてしまうのは私。

そうなった時、自分がどうなってしまうか?
少なからず私にも理解出来た。

S達との関わりを絶つ為に
近くにいる。という電話があっても
車の中で話をするだけなどにして自宅に戻るようにした。


徐々に彼らとの交流を避けるようになり
Sや、Sの友達だ。という人達から電話が来ても
キッパリ断る様になっていった。

それから私は、仕事を探しを借金返済の為に
水商売の世界へ戻った。

この間、四国についてきてくれ。と言われた事もあった。
その彼に対して恋心が全くない。と言っては嘘になってしまうが
私には、大きな借金があった。
彼は、その事も知った上での言葉だったが
もう誰かを信じて裏切られたりするのは嫌だった。
そんな辛い思いをするぐらいなら1人の方が楽だと
思うようにした。

彼からは四国へ行った後からも頻繁に連絡はきていたが
こんな曖昧な態度で中途半端な関係は良くないと思い
彼から電話があった時に
【彼氏が出来た。】
と嘘をついた。

【そうか・・】
彼から2度と連絡はくる事はなった。

私には彼に胸に飛び込む勇気がなかった。
本当に臆病な女になってしまったものだ。
スポンサーサイト
06/03|【借金】 11~15||TOP↑
ご訪問ありがとうございます♪

アクセス解析
FC2 Blog Ranking

プロフィール

moon

  • Author:moon
  • 金なし。知恵なし。知識なし。
    あるのは多額の借金だけ。
    そんな救いようのない女
    ☆moonの借金返済日記です(*´ー゜)☆
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム
♡ 借金返済ランキング ♡

ランキング参加者☆募集中    (*´▽`*) ヾ

ブログ(blog)ならFC2

♡♡ mail ♡♡

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。